ハピネス歯科ブログ

6歳臼歯って何? 6つのトラブルを引き起こす奥歯のケア方法とは


6歳臼歯って何? 6つのトラブルを引き起こす奥歯のケア方法とは

<当院の感染拡大防止について>
手洗い・アルコール消毒・うがいの徹底
ドアの開放、空調を強めに設定する 等、定期的に室内換気を行っております
次亜塩素酸水を使用し、空間除菌を行っております
感染リスクの高い来院者さまへの受診の自粛のご依頼、又はご予約日の変更のお願いをしております

スタッフ一丸となって、新型コロナウイルスの感染拡大防止に善処致します。
ご理解とご協力賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。



6歳前後の子供にとって、大きな変化の1つに「乳歯から永久歯へ生え替わりがスタートする」というものがあります。

それまで歯に何の問題もなかった子供が「奥歯が痛い!」と言い出すのもこの頃。これは、今まではなかった臼歯が奥歯の奥に生えてくる影響です。

6歳臼歯と呼ばれるこの歯は、トラブルが発生しやすい歯でもあります。ここでは6歳臼歯について、起こりやすいトラブルとその対処法、セルフケア方法、歯科での対応などについて紹介します。

6歳臼歯は虫歯になりやすい! 親が仕上げ磨きを徹底しよう

6歳臼歯と呼ばれるのは、一番前の歯から数えて6番目に生えてくる永久歯のこと。正式名称は第一大臼歯です。

人の歯の中で最も大きな歯であり、食事をするために最も重要な歯でもあります。歯並びを安定させる役割も担っていますが、残念なことに、虫歯などのトラブルにもなりやすい歯なのですね

その理由は「守りにくい」から。

  • ・生える位置:奥歯の奥
  • ・生える年令:6歳前後
  • ・生えるスピード:非常にゆっくり

以上のすべてが子供にとって都合が悪いため、子供本人が自分で管理できませんそのため、この6歳臼歯の健康を守り、ひいては子供の将来にわたる健康を守るのは親の役目です

今まで磨いたことがない口内の奥にとてもゆっくり生えてくるので、子供本人が気づかないこともあります。清掃がきちんとされず、虫歯や痛みなどのトラブルを起こすのです。

毎日の歯磨きの後、親がする仕上げ磨きでしっかりと掃除をしてください。6歳臼歯の健康は、その子の一生の健康に大きな影響を及ぼしますよ。

 

6歳臼歯とは? 起こりがちなトラブル6つとそれぞれの対応策

では、6歳臼歯に起こりがちなトラブルを、具体的にみていきましょう。

以下6つのトラブルと、その対処法を順番に紹介します。

  • ・虫歯になる
  • ・歯茎が痛む
  • ・臼歯が変色している
  • ・臼歯が手前の乳歯にひっかかっている
  • ・臼歯が出てこない
  • ・臼歯がない

 

虫歯になる

6歳臼歯はとても虫歯になりやすい歯。小学生のうちに6歳臼歯が虫歯になってしまう子供の割合は何と、80〜90%と言われています

理由は、「歯が柔らかい」「磨きにくい」「溝が深い」などです。

6歳臼歯は乳歯から永久歯に生え替わるのではなく、それまでに生えている乳歯の一番奥に歯茎を突き破って生えてきます。生まれたての歯はとても柔らかく、虫歯菌によって簡単に溶かされてしまうのです。

時間をかけてゆっくりと生えるため、存在に子供が気づきにくいうえに、歯ブラシが届かずきちんと磨けません。

また、6歳臼歯が持つ溝は深いうえに複雑な形をしているもの。歯ブラシの毛先が中まで届かず、どうしても食べかすが残りやすいのですね。すると当然細菌が集まり、あっという間に虫歯が進行します。

 

対処法

大切なのは、乳歯のときから虫歯ができにくい口内環境作りをすることです。具体的には、赤ちゃんのときに両親やその周囲の大人から口移しで食べさせない、お箸やスプーンを親と共同で使わない、仕上げ磨きを正しく行うなどがあります。

6歳臼歯が虫歯になってしまった場合には、歯科で高濃度のフッ素を繰り返し塗る治療を受けましょう。生えかけで柔らかい6歳臼歯は、フッ素を塗ることで表面を固くして虫歯の進行を抑制しなければなりません。虫歯が初期であった場合には、修復も可能です。

 

歯茎が痛む

今まで虫歯がなかったのに、子供が急に奥歯が痛いと言い出したときには、多くの場合6歳臼歯が出始めています。

6歳臼歯は一番奥の歯茎を突き破って生えてくるため、生え始めのときは目立ちません。清掃が甘くなればそこに細菌が集まり、歯茎が炎症を起こして痛みが出るのですね。

 

対処法

腫れて痛みが出るのは細菌と免疫力が戦っているから。そのため、まずすべきことは患部の殺菌です。

歯磨きをしっかりと行い、刺激の少ない子供用マウスウォッシュで細菌の活動を抑えましょう。痛みが出ている場合にはマウスウォッシュを歯ブラシに垂らし、力を入れず優しく臼歯やその周辺を撫でるように磨いてください。

 

臼歯が変色している

生えてきた6歳臼歯を見ると、白ではなく茶色いということがあります。これは「エナメル質形成不全」という状態。

歯が石灰化する時期にエナメル質形成不全の場合、うまく形成できず茶色い状態で出てくるのですね。原因ははっきりわかっていませんが、通常よりも歯が欠けやすく虫歯にもなりやすくなります。

 

対処法

状態改善のために使うのは高濃度フッ素。フッ素を繰り返し塗布して歯を強化しなければなりません。それでも歯が欠けるようであれば、歯の表面をコーティング剤で覆います。

 

臼歯が手前の乳歯にひっかかっている

本来、歯は真直ぐに生えてくるものですが、人によっては斜めに生えることもありますよね。6歳臼歯が斜めに生えてくると、手前にある乳歯にひっかかって完全に生えず、成長が止まってしまうことがあります。

そうなると、ひっかかっている手前の乳歯にも甚大な影響が発生。乳歯の根が溶かされて、本来であれば11歳ごろまで使う予定の乳歯が抜けてしまうのですね。

正しい時期よりも早く乳歯が抜けると、その下にある永久歯が生える隙間がなくなってしまいます。結果的に奥歯全体の噛み合わせがずれ、全身の健康にも影響を及ぼすのです。

 

対処法

1つ手前の乳歯を助けるため、部分矯正をします。6歳臼歯を引き起こして乳歯へのひっかかりをなくすのです。

気が付いたときにはすでに乳歯が抜けかけている場合は、乳歯が抜けたあとにその隙間を確保。永久歯が生えてくる場所の確保処置を行います。

 

臼歯が出てこない

臼歯は歯茎を破って出てくるため、歯茎に埋もれたまま完全に出てこない場合もあります。原因は不明ですが、出てこないままで放置すれば奥歯で物が噛めず、顔の歪みなどに繋がります。

 

対処法

矯正装置が付けられるまで、臼歯が顔を出すのを待ちます。出てくる場所ができていれば、遅くなっても出てくる可能性は高いもの。しかし様子を見ても出てこない場合には、歯茎を切開して矯正装置をつけ引き上げます。

 

臼歯がない

日本人の食事が欧米化し、柔らかいものを食べるようになって発生したのは「歯の先天性欠如」です。もともと歯がないため、いつまで待っても出てきません。そのまま6歳臼歯がなく、数年後にさらに奥の12歳臼歯が生えてくるまで奥歯のない状態が続きます。

 

対処法

何より大切なのは噛み合わせが合うかどうかです。そのため、臼歯が足りずとも噛み合わせに問題がなければそのままで様子を見ます。

ただし噛み合わせが悪いとかズレがあるとかの場合には、矯正治療になります。

 

6歳臼歯を虫歯にさせないためにできること【セルフケア】

では、家庭でできる6歳臼歯を虫歯にさせないケア方法をみていきましょう。

  • ・正しい歯磨きと仕上げ磨き
  • ・食事をよく噛んで食べる

 

正しい歯磨きと仕上げ磨き

虫歯にならないためには、食べかすをきちんと取ることが大切。子供の口に合わせた小さな歯ブラシで、正しい歯磨きをしましょう

6歳ころになると親が仕上げ磨きをやめてしまうことも多いのですが、それも6歳臼歯が虫歯になる大きな原因になっています。今までのように膝に寝かせてしっかり仕上げ磨きをし、本人は磨きにくい奥歯を奇麗にしてください。

 

食事をよく噛んで食べる

虫歯にならないために、口内の細菌の数を減らすことが有効です。そのために必要なのは唾液の量。人の唾液は口の中を洗い流したり、殺菌を減らしたりする働きがあります。

食事をよく噛めばアゴが動いて唾液腺を刺激し、唾液量が増えるのです。毎回の食事ですぐに飲み込まず、よく噛むことを子供に教えましょう。

【関連記事】唾液が持つ7つの効果についての記事はこちら
唾液が持つ7つの効果とは? 分泌量のチェックや唾液を増やす方法を紹介

 

6歳臼歯が生えてきたら慎重にケアしよう

6歳臼歯は歯並び全体に大きな影響を与える、最初の大切な奥歯です。しかし柔らかく中々出てこないため、歯磨きが不足するとすぐに虫歯になってしまいます。

6歳ごろになると仕上げ磨きをやめてしまう家庭は多いのですが、せめて最初の奥歯である6歳臼歯がしっかり育つまでは仕上げ磨きを続けましょう

もしも出てきた臼歯が茶色かったり斜めに出ていたりしたときは、早めに歯科を受診してください。対処のスピードによって、その後の噛み合わせや口内の健康に大きな違いを生みます。


関連記事

監修・執筆

ハピネス歯科クリニックの院長、大久保 圭

ハピネス歯科クリニック 院長 大久保 圭

秋田市の歯医者。出身地:北海道。出身大学:岩手医科大学歯学部。 ハピネス歯科クリニックでは、歯の悩みが何もない健康を保っていただくために、予防歯科を特に大切に考えています。 本ブログを通して、あなたの健康づくりに役立つ質の高い情報発信を心がけています。

マップ&診療時間

〒010-0062 秋田県秋田市牛島東7-10-1

018-874-9094 初診WEB予約はこちら
診療時間
9:00~12:30 ×
14:30~19:00 × × ×

△・・・9:00~13:00
休診日:日・祝祭日・GW・ 年末年始・お盆

ページトップへ